自律神経失調症の治療中、コーヒーやカフェイン入りの飲み物は良くない?どんな飲み物がおすすめ?

 

カフェインの体への影響と合わせて、飲み物について考えます。治療中の飲み物に迷ったら読んでみてくださいね。

 

 

スポンサーリンク

 

自律神経失調症の場合、コーヒーはOK?

自律神経失調症,コーヒー,カフェインコーヒーを毎日飲むのが習慣、という方も少なくありません。でも、もし自律神経失調症に悪影響があるとしたら?

 

正確に言うと、コーヒーが悪いという訳ではありません。

 

問題となるのはコーヒーに含まれるカフェインです。つまり、コーヒーだけでなくカフェインがたくさん含まれている飲み物はあまりよくないといえるわけです。

 

具体的には、

  • カフェインの入ったコーヒー
  • カフェイン入りの清涼飲料水(コーラなど)
  • エナジードリンク
  • 栄養ドリンク
  • 緑茶・紅茶

このあたりが避けておいた方が無難な飲み物です。ただし、緑茶や紅茶に含まれるカフェインはそれほど量が多くありません。一日に1~2杯飲むくらいならあまり神経質にならなくてもOKです。

 

それよりも、エナジードリンクや眠気覚ましのドリンクなどはカフェインが多く含まれています。最近疲れた時や忙しいときに飲む人が増えていますが、やめておいた方が安心です。

 

コーヒーの味が好き、コーヒーを飲むのが習慣という場合には「カフェインレス」のコーヒーというものがあります。スーパーなどではあまり見かけないかもしれませんが、コーヒー専門店やコーヒー店のネットショップなどでよく見かけます。

 

参考:自律神経失調症の検査費用ってどれくらい?

 

また、スティックタイプのカフェオレなどならドラッグストアの赤ちゃん・妊婦さんのコーナーに「ママのための」という感じのネーミングで売られていたりします。

 

どうしても、コーヒーの味がほしいという場合にはカフェインレスを利用してみましょう。

スポンサーリンク

 

カフェインの入っていない飲み物でおすすめは?

自律神経失調症,コーヒー,カフェイン微量のカフェインを摂ったからといって、すぐに体調が悪くなったり、症状が悪化するということは考えにくいです。

 

しかし、自律神経失調症は気長に治していくことが必要なもの。小さな生活習慣もなおしていくことが治療のポイントになります。だから、飲み物もなるべくならノンカフェインのものを選びたいですね。

 

カフェインの入っていないお茶類の飲み物でおすすめなのは、

  • 麦茶
  • ほうじ茶
  • ハーブティー

このあたりです。栄養を補給するという意味では、ビタミンB群やカルシウムを摂れる牛乳・豆乳・砂糖や食塩が無添加のフルーツジュース・野菜ジュースもおすすめです。

 

参考:自律神経失調症で過呼吸になる原因はストレス!?

 

特に食欲不振に悩んでいる場合は、飲み物でカロリーや栄養を摂ることができますし、水分補給がおろそかになりがちなので、これらの栄養も同時に摂れる飲み物を選ぶのもいいですね。

 

そもそもカフェインはどうして良くないの?

カフェインが自律神経失調症にあまり良くないといわれているのには、

 

【交感神経の働きを活発化してしまう】

 

という点が理由です。

 

自律神経の不調が原因で体調を崩している方の場合、ストレスで交感神経が優位になりすぎてしまっていることが不調の原因となっている場合があります。

 

その交感神経の働きをより活発にしてしまうので、カフェインの入った飲み物はあまりよくないと考えられているのです。さらに、気分が不安定になるという症状に困っている方も多いですが、カフェインが気分のアップダウンにも影響を与えてしまいます。

 

カフェインを摂ると、一時的に気分が高揚し、元気になります。でも、カフェインが体外に出て行ってしまえば、その反動で気分が落ち込む場合もあるからです。

 

普段健康な時に少しカフェインを摂る分には大きな影響は考えにくいのですが、自律神経失調症で気分があまりすぐれないような時にはその影響も大きく出やすいので、なるべくならカフェインの入ったものは避けるのが無難だと思っておいてくださいね。

 

まとめ

自律神経失調症の治療中には、コーヒーなどカフェイン入りの飲み物は避けましょう。

 

カフェインレスのコーヒーやカフェインの入っていないお茶類がリラックスタイムのお供にはおすすめです。生活習慣が大きな影響を及ぼす自律神経失調症。少しの習慣が治療の期間を短くしてくれる場合もあります。

 

まずは飲み物をカフェインレスに切り替えてみませんか?

 

スポンサーリンク