統合失調症がつらい、仕事を辞めたい。そんなふうに悩んでいる人はたくさんいます。

 

あなたも統合失調症がつらくて仕事を辞めたいと思っているのではないでしょうか?

 

幻覚を見たり幻聴を聞いたり、他の人から悪口を言われているような錯覚に陥ってしまう精神的な病気が統合失調症です。攻撃的になる、暴れる、というのもしばしば見受けられる症状ですね。

 

統合失調症になるとこのような症状が出始めるため、ごく普通に社会で生活をするのが難しくなってきます。人とうまく交流できず殻に閉じこもってしまう人もいるほどです。

 

「だけど、仕事をしなければ生活できない」「でも、仕事を始めるとつらくて辞めたいと思う」

 

こういう時はいったいどうすれば良いのか悩んでる方は多いと思いますので詳しくまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

統合失調症がつらい…仕事を辞めたい…どうすれば良い?

統合失調症,仕事,辞めたい
統合失調症がつらくて仕事を辞めたいと思うなら、その仕事は辞めた方が得策です。みなさんは統合失調症の原因で、なにがもっとも有力なのかを知っていますか?

 

統合失調症の正確な原因は明らかになっていませんが、ストレスが引き金になることがほとんどだと考えられているんです。

 

「仕事がつらい」「辞めたいけど辞められない」「行きたくない」という気持ちはストレスを生み出していきます。ストレスが溜まれば溜まるほど統合失調症はひどくなっていきますから、無理に続けていても良いことはありません。

 

ですから統合失調症の症状が依然良くならなくて、しかも仕事がつらくて辞めたいと思うなら思い切って辞めてしまうのも手です。ただし“なにもせず辞める”のは避けて、次の仕事探しのためにも“なにが嫌で辞めるのか”をきちんとメモに残しておきましょう。

 

統合失調症でも働いている人って、結構いるんですよ。そういう人たちは意思がものすごく強い特別な人ではなく“自分に合った仕事”を見つけて頑張っているんです。

 

参考:統合失調症でも仕事をしているのは患者の割合くらい?

 

統合失調症のなにがつらくて仕事を辞めたいのか・辞めるのかといった情報は次の仕事探しにとても役立ちます。

スポンサーリンク

 

仕事が続かず、すぐに辞めたいと思うのは自分だけ?

統合失調症がつらくて仕事を辞めたいと感じているのはあなただけではありません。表には出さないだけで、実は意外に多いんですよ。

 

統合失調症でなぜ仕事をが続けられないのか、すぐに辞めたいと思ってしまうのか。その原因は統合失調症の症状にあります。

 

まずは「疲れやすさ」。統合失調症になると疲れやすくなるので、健康な人と同じだけの仕事ができなくなるんです。フルタイムで働くのは難しいですし、週5日の勤務も厳しいものがあるでしょう。少し動いただけで疲れてしまうので、仕事がつらくなって辞めたいと思うようになります。

 

次に「対人関係」。自分の考えていることが相手に漏れているような気がする、他の人がみんな自分の悪口を言っているに違いない、と考えてしまうのも統合失調症の症状です。このような疑心暗鬼の状態になっていては、同じ職場の人間と協力して仕事を…というのは難しいですよね。

 

参考:パニック障害持ちは運転免許は取り消しになる?!更新はできるの?

 

「会話」がうまくできなくなってくるのも統合失調症の特徴。瞬時に物事を判断して対応することができないため会話のキャッチボールが成立しなくなるんです。人との会話が多かったり、イレギュラーな出来事が多い仕事だと「つらい」と感じやすくなるでしょう。

 

仕事を続けるコツってあるの?

統合失調症の人は仕事ができないのか?と言うと、そうではありません。

 

統合失調症がつらくて仕事を辞めたいと思うなら、まずは病院に行ってみましょう。すでに病院へ行ったことがある人も、もう一度行ってかかりつけのお医者さんに「仕事がつらくて辞めたい」と伝えてみて下さい。統合失調症の薬を飲んで症状を抑えながら仕事が続けられるかもしれません。

 

薬を飲んでいてもつらい場合は自分に合った仕事を一緒に考えてもらいましょう。統合失調症にはいろいろな症状がありますから症状の出方は十人十色です。

 

「全然疲れやすくない!お医者さんにも体力がある方だと言われた!」「攻撃的にはならないけど自室にこもりっぱなしでコミュニケーションをとるのが苦痛!」

 

人によって症状が違うので“合う仕事”も変わってくるんですよ。

 

仕事のどういう部分がつらくて辞めたいのかをお医者さんに伝え、そしてそのつらい部分ができるだけない仕事を探しましょう。すぐに疲れてしまうなら短時間の仕事、会話ができずに悩んでいるなら機械相手で会話をしなくて済む仕事、などですね。

 

まとめ

統合失調症でも自分に合った仕事なら「辞めたい」と思う瞬間が少しずつ減っていきます。そうすれば仕事を長続きさせることができるでしょう。

 

それから統合失調症がつらくて仕事を辞めたいと思う自分を責めるのはいけません。病気である以上、仕方のないことなのですからしっかりと向き合い付き合っていくことが大切です。

 

統合失調症は治る病気なので、焦らずゆっくりとマイペースに仕事をして治していって下さいね。

 

スポンサーリンク