冬などによくコンビニやスーパーで売られている甘酒。よくよく考えてみると酒粕から作られているため微量のアルコールは入っているのに未成年は禁止!と聞いたことがありません。

 

では「ノンアルコールのお酒なら大丈夫じゃないの?」となってもおかしくはないですが、一体どうなっているのでしょうか?

 

詳しく解説していきますね。

 

スポンサーリンク

 

甘酒は未成年でも買って飲める?アルコールは入ってないの?

甘酒,未成年,大学生
甘酒には2種類の原料があって、米こうじから造られるものと、酒粕から造られるものとあります。この2つのうち、酒粕から造られる甘酒にはアルコールが入っています。

 

しかし、アルコール度数は1%未満に抑えており、お子さんでも飲めるようになっています。米こうじから造られているものは基本的にはアルコールは含まれていません。

 

と、言ってもどちらもノンアルコール飲料ってことなので、ただのジュースのようなな扱いになっています。普通にコンビニやスーパーなどで未成年、成年関係なく赤ちゃんでも購入して飲むことができます。

 

ただ、酒粕の甘酒の場合には微量たりともアルコールが含まれているので、万が一のことを考えて飲んでからの車の運転は念のため控えた方が良いのかもしれません。

スポンサーリンク

 

何でノンアルコールのお酒は未成年は買えないの?

ここで疑問が湧いてきませんでしょうか?お酒扱いにならない甘酒。少しはアルコールも入っていますよね?それに未成年でも買って飲むことができる。

 

しかし、ノンアルコールのビールやチューハイは未成年は実は購入することができません。でもアルコールは入ってないのに?なんで?

 

それには、お酒の助長についての考えが採用されています。

 

甘酒には、甘酒を飲んだからと言って、ビールや他のお酒を飲みたくなるわけでもない。しかし、ビールやチューハイなどのノンアルコールには、飲んでしまうと本物のビールも味わってみたいという風にステップアップしていってしまう可能性があるからというのです。

 

そういった理由でお酒を助長しそうなビールやアルコール類は未成年では購入することができなくなったんですね。

 

甘酒を飲むと体に良いって本当?

甘酒そのものの味は好きな人、嫌いな人すごく別れるような味ではありますが実は甘酒は体に良いと言われているのです。それは飲む点滴とも言われるほど。

 

甘酒に含まれている成分には

 

  • ブドウ糖
  • アミノ酸
  • ビタミン類
  • 葉酸
  • 食物繊維
  • オリゴ糖

 

などが含まれており、実はこれ点滴(栄養剤)に使われている成分と似ているのです。

 

その効果には体の免疫を強くすること、お肌がスベスベで美容効果が高いことも言われています。更には甘酒に含まれるビタミン類は脂肪を燃焼しやすくさせてくれることからダイエット効果まであると言われているほどなんです。

 

ここまで甘酒の効果や栄養を聞いて少し苦手な人でも飲まない訳にはいかなくなったのでしゃないでしょうか?

 

まとめ

未成年でも関係なく飲めちゃう甘酒ですが実はこんな効果があったんですね。

 

毎朝1本飲むことによってその日のエネルギーにもなりますし良いことずくめの甘酒ですがくれぐれも飲み過ぎには注意しましょう!

 

スポンサーリンク