統合失調症の患者さんは健常者と比べると平均寿命が短いんです。医学が発達し薬で統合失調症が治せるようになった今。患者さんの平均寿命は昔と比べてどうなのでしょうか?

 

その昔は不治の病と言われていた統合失調症。不治の病なら平均寿命が短いというのにも納得がいきます。しかし、今は薬を使って治すことができるんです。

 

もしかしたら平均寿命も延びているのではないか?そのあたりを中心に解説していきますね。

 

スポンサーリンク

 

統合失調症の患者さんは平均寿命が短い?いくつくらい?

統合失調症,平均寿命
統合失調症の患者さんは健常者と比べてどれくらい平均寿命が短いのでしょうか。

 

参考:統合失調症で入院することに…準備や手続き方法とは?

 

統合失調症を発症すると、患者さんの平均寿命は60歳前後。61歳、と言われていることも多いですね。

 

対して健常者の平均寿命は80歳以上。2014年の調べによると男性は80歳、女性が86歳とされています。これを見るとわかる通り、平均寿命は女性の方が長いのですね。

 

つまり、統合失調症の患者さんは健常者と比べると平均寿命が20歳も短いことになります。20という数字で見るとそれほど感じないかもしれませんが、これはかなりの年数と言えるでしょう。生まれたばかりの赤ちゃんが成人式を迎えるほどの年月と考えると実感がわくかもしれませんね。

 

また、統合失調症を発症したからといって必ずしも平均寿命が短くなるとは限らないんです。80代、90代まで元気に過ごしている人もいらっしゃいますよ。平均はあくまで平均ですから、全員が60代で亡くなっているわけではありません。

 

平均寿命が昔より伸びてる?

統合失調症の患者さんの平均寿命は60歳前後。それに加えて「一般的な平均寿命と比べると、統合失調症の患者さんの平均寿命は約80%」というデータもあります。

 

参考:統合失調症からくる幻聴の特徴は?1日に何回もあるの?

 

さて、それでは昔の統合失調症の平均寿命はどうだったのか?と言いますと…。明確な数字の発表はないものの「一般的な平均寿命の約80%」という数字が物語っています。昔と今を比べると一般的な平均寿命も違ってきますよね。

スポンサーリンク

 

一般的な平均寿命が短ければそれだけ統合失調症の患者さんの平均寿命も短くなります。そう考えると、やはり以前よりも平均寿命が延びたと思って良いでしょう。

 

また、一部では統合失調症の患者さんの平均寿命が56歳だというデータもあります。残念ながらいつ頃のデータなのか正しいところはわかりませんが、61歳と比べると5歳も若いですよね。5年もあったらどれだけのことができるでしょうか。

 

やはり今は医学が発達して治療の道が見つかり、良い薬も開発されることで、統合失調症の患者さんの寿命が延びているんですね。

 

どうして統合失調症の患者さんは平均寿命が短いの?

統合失調症の患者さんの平均寿命が短くなる理由についてご存知ですか?

 

平均寿命が短くなる理由には“長生きの秘訣”が関係してきます。栄養バランスの整った食事をして適度に運動し、良い睡眠をとり規則正しい生活をする。これが長生きの秘訣ですが、統合失調症の患者さんはすべてが足りなくなっている可能性があるからなのです。

 

統合失調症になると意欲や気力が失われていくため“食事”に対する意識も低くなっていきます。自分でご飯を作ることもありませんから栄養が偏っていき満足な食事ができません。

 

それから運動ですね。統合失調症の患者さんが張り切って外に出てスポーツをする…という話は聞いたことがないでしょう。症状の中には睡眠障害もあり、それが睡眠の質の低下と不規則な生活を引き起こします。

 

食事、睡眠、運動、これらがすべてボロボロになってしまっているんですね。さらに統合失調症になると身なりに気を使わなくなり日常的な行動もしなくなっていきます。

 

その中には歯を磨かないとかお風呂に入らないとか、そういったことも含まれているんです。すると体はどんどん不衛生になっていき、これもまた寿命の低下を招きます。日本人が長生きするのは“きれい好きだから”でもあるんですよ。

 

統合失調症の薬も平均寿命を短くする原因の1つだと考えられていますね。どんな薬も体にとって“良い”ということはありません。さらに統合失調症の薬は副作用も多いため、飲み続けてもなんの問題もないとは決して言えないんです。

 

まとめ

統合失調症の患者さんの平均寿命は60歳前後。20歳も平均寿命が短くなると聞いてショックを隠せない人も大勢いらしゃいます。

 

そして統合失調症の患者さんはなぜ平均寿命が短いのか…。不規則な生活や栄養バランスの整っていない食事に不衛生な毎日など、長生きの秘訣とは程遠い暮らしをしているからなんですね。

 

統合失調症は精神病と言われていますが、幻覚や幻聴などの原因は“脳による異常からくる”と考えられています。しかし、これから先も医学は進歩ていくわけなので更に寿命は伸びていくと思ってもいいのではないでしょうか。今よりも明日良くなる自分を想像して過ごせると良いかもしれないですね。

 

スポンサーリンク