自律神経失調症かもしれないという症状が出たらどうしますか?多くの人が病院に行ってみようと考えるかもしれませんが、問題は何科を受診するか。

 

自律神経失調症は、なかなか自律神経に問題があると気が付くのに時間がかかる場合があります。

 

他の病気でないかきちんとチェックをするためにも、早めに受診することが重要ですよ!

 

 

スポンサーリンク

 

自律神経失調症で現れやすい症状とは?

fc5c27dfc617f34f0838aff7a4da4aac_m
最初から自律神経失調症かもしれない、と自分で気づかれる方はあまり多くありません。たいていの場合は、「不定愁訴」という「なんとなく体の調子が悪い」というところから体の不調に気が付くということが多いのです。

 

そして、現れる症状も「自律神経失調症特有の症状」というものはあまりありません。風邪のような症状であったり、おなかの不調のような症状であったりと様々な症状があり、人によって異なります。

 

また、現れた症状がすぐにおさまったり、おさまったと思ったのにまた出てきたりと症状が不安定なことが非常に多いのも自律神経失調症の特徴です。

 

多くの人が感じがちなよくある症状には、以下のようなものがあります。

 

  • 頭痛
  • めまい・吐き気
  • 喉の違和感
  • 肩こり・腰痛
  • 胃の痛み
  • 下痢・便秘
  • 慢性的な疲労感
  • 朝起きづらい
  • イライラしたり、落ち込んだりする
  • 寒い時期なのに汗が止まらない
  • 暑い時期なのに汗が出てこない

 

このように体の色々なところに一見まったく関連性がなさそうな症状が出てくるというのが自律神経失調症の特徴なのです。

 

例えば、この中に挙げた症状を例に挙げるなら、「頭痛と肩こりがひどく、おなかの調子も不安定」など複数の症状が出てくる場合が多く、自分ではどこが調子が悪いのかわからなくなってしまうこともよくあります。

 

参考:自律神経失調症 で暑い・寒いと感じるときの対処法は?

 

さらに、「イライラする」症状と「頭痛」の症状、「腰痛」の症状などが一度に出てくるとどのような科を受診したらいいのか迷ってしまいがちです。

 

普通に考えれば、イライラは精神科・頭痛は軽いものなら内科・腰痛などの体の痛みは整形外科などを連想するでしょう。

 

しかし、一度に様々な症状が出ることによって迷ってしまう訳です。では、このように全身に様々な症状が出てきた場合には病院選びはどうしたらよいのでしょうか?

 

病院は何科に行くべきなの?

9157f4aa75d683a3f7db3b18c73b4dda_mまず、自律神経失調症かもしれないと思ったときの「落とし穴」について解説していきます。

スポンサーリンク

 

最近では、調子が悪いと思ったときにご自身でインターネットで症状を調べることがごく一般的になってきました。それ自体は悪いことではないのですが、そこで心配な問題も出てきます。

 

それは、「自分で自律神経失調症と決めつけてしまう」ことです。

 

例えば「体の色々なところに症状があるから自律神経に違いない」と決めつけてしまい、実は他の病気があるのにその治療をしないままになってしまうという危険性が考えられます。

 

そうならないためには、どのような病院選びがよいのでしょうか?

 

まずは、特定の部位に気になる症状がある場合、その専門の診療科を受診してください。

 

喉の違和感なら耳鼻咽喉科、女性の場合よく月経不順になる場合もありますが、その場合は婦人科など、気になる症状の強い部位の専門の病院をまず受診するのが先決です。

 

そして、その診療科でも「他に具合が悪いところもある」ということを伝えて相談してみてください。すると、心療内科をすすめられる場合もあります。心療内科は、主に内科ですが「心と体の問題を切り離さずに診療してもらえる」という特徴があります。

 

すべてがそうだということではありませんが、自律神経の乱れにストレスや心の問題がかかわっていることは少なくありません。心療内科で診察を続けるうちに、医師の判断で精神科をすすめられる場合もあります。

 

精神科に通うことに抵抗を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、心療内科とあまり雰囲気的には変わりませんし、問題の本質が精神面にある場合には精神科がベストという場合もあるのです。

 

参考:自律神経失調症で足の痛みが出てくる?対策は?

 

まとめると、

 

  • まずは体の症状で気になる部分の専門の診療科へ
  • 専門の診療科で相談して、内科または心療内科へ
  • 体の異常がないか調べたうえで、精神面が原因と考えられる場合精神科へ

 

このような順序で受診を考えてみるのがおすすめです。

 

受診する時に気を付けたいことは?

受診する時に気を付けたい点をまとめます。

 

まずは、症状についてなるべく詳しくメモを取っていくことをおすすめします。診察を受けられる安心感でつい相談内容を忘れてしまう患者さんが意外と多いものなのです。

 

一回、一回の診察で的確に医師に症状を把握してもらうためにも日常的に調子が悪いと感じたらメモを取ることを習慣づけましょう。

 

そして、お薬の問題です。お薬を飲み忘れることが多くなってしまったり、用法・用量のとおりに飲めなかった場合には、ぜひ正直に話してください。

 

飲み忘れが多いのに、それを伝えないで「あまり効果が感じられない」と言ってしまうと、量を増やしたり、強いお薬に不必要に切り替えることになってしまうからです。

 

お薬が合わない・効果が感じられないなどの問題もすぐに相談するようにしましょう。

 

まとめ

自律神経失調症では、様々な症状が出てきます。

 

ご自身で調べてみて「自律神経かな?」と思っても、二度手間になることを惜しまずにまずは調子の悪い部分の診療科を受診してください。

 

そこで、体の他のところにも具合が悪いところがあることを相談してみましょう。

 

心の問題とあわせて体の問題について診療していく心療内科が相談しやすいという患者さんが多いのですが、人によっては原因として心の問題が主であり、精神科がマッチするなど、原因や症状の現れ方によって適切な診療科が変わってきます。

 

まずは、不快な症状を中心に改善することを意識して診療科を選んでみてくださいね。

 

スポンサーリンク