パニック障害で処方されるお薬の種類はたくさんありますが、中でも処方されることの多いSSRIというジャンルのお薬。

 

リフレックスはどのような効果があり、効き目はどうなのでしょうか。

 

SSRIに関する不安やお薬そのものに関する疑問を解決していきます。お薬を正しく活用していく方法を身に付けましょう。

 

スポンサーリンク

 

パニック障害のときに飲むお薬は?

パニック障害,薬,SSRI,リフレックスパニック障害であると診断されたり、パニック障害のような症状がある場合どのような薬を処方されるのでしょうか。

 

パニック障害のときに処方されるお薬は、大きく分けると二つの種類に分類されます。

 

  • 抗不安薬
  • 抗うつ薬

 

なぜ二つの種類のお薬を使うのかというと、それぞれのメリットを生かし、それぞれのデメリットを補うためです。

 

具体的にいうと、抗不安薬には即効性がありますが長期間服用することはあまりおすすめできません。反対に抗うつ薬(とくにSSRI)は、効き始めるまでに服用し始めてから数週間など時間がかかりますが、抗不安薬と比べ、長い期間服用するのに適しています。

 

こういった特徴のため、まずは抗不安薬で不安な気持ちを抑えたり、発作に対応したりします。それと並行して、SSRIなどの抗うつ剤を使って少しずつ心身が落ち着きやすい状態を作っていきます。

 

SSRIなどの抗うつ剤が効き始めたら、反対に抗不安薬は減らしていくのが一般的です。それは発作の頻度や不安の強さなど、総合的に医師が判断して決めていきます。

 

なるべく増薬したくない、と考える患者さんがほとんどかもしれませんが、症状の強さによってはお薬の量が増えてしまうこともよくあることです。しかし、お薬を増やされたからといって症状が悪くなっているとは限りません。

 

最初は弱めのお薬を少なめからスタートするのが普通だからです。それで効かなければ少しずつ増やしていこうという考え方なのですね。これもお薬を増やしすぎたり、強いお薬を最初から使わないための工夫なので心配しすぎないでくださいね。

 

参考:パニック障害の症状や発作を抑える日常からできる習慣5選!

 

では、よくパニック障害に使用される抗うつ薬についてもう少し詳しくみていきましょう。

 

SSRIって?どのような薬なの?

パニック障害,薬,SSRI,リフレックスSSRIという言葉を初めて聞いたという方もいるかもしれませんね。一般的にはうつ状態などの治療に使われるお薬ですが、SSRIを使うのはうつ病の場合だけではありません。

 

SSRIは日本語にすると「選択的セロトニン再取り込み阻害薬」となります。セロトニンという名前は聞いたことがあるかもしれません。神経伝達物質の一種で脳内に不足してしまうと不安やイライラを感じやすくなります。

スポンサーリンク

 

このセロトニンが再び細胞の中に取り込まれてしまって不足した状態になると不安を感じやすくなったり、気持ちが不安定になりやすい状態が起きるのです。それを阻止するのがSSRIの役目です。

 

SSRIは昔からある第一世代と言われる抗うつ剤よりも、副作用が少なくなっています。しかし、人によって、または服用し始める時期などのタイミングによっては副作用を強く感じる場合もあります。

 

副作用としては、

 

  • 食欲が増加・減少
  • 性機能の異常

 

などが知られています。これらの副作用は、人によって全く感じないこともあれば、副作用に悩まされることもあるなど程度はそれぞれです。

 

SSRIは徐々に薬を増やしていって、やめるときにはいきなりやめるのではなく徐々に減らしていくのがとても大切になります。急激な減薬や断薬は離脱症状という体調の変化の原因になるからです。

 

離脱症状というのは、めまい・頭痛・ふらつきなどが代表的な症状なのですが、場合によっては幻聴などが現れる場合もあります。ですから、やめたい・薬が合わないと感じた場合も医師の指示にしたがって減らしたり・やめたりするようにしましょう。

 

参考:パニック障害と嘔吐恐怖症や下痢にはどうすれば克服できる?

 

ここまで解説するとSSRIは怖いもののように感じてしまうかもしれませんが、ほとんどの場合重い副作用や離脱症状に悩まされることはそれほど多いケースではありません。不安はすぐに相談して、怖がりすぎずにお薬を使っていきましょう。

 

リフレックスの効果と効き目はどう?

リフレックスは、第4世代と呼ばれるもっとも新しい抗うつ薬です。日本では2009年から使用されるようになりました。

 

不安を感じていたり、うつ状態の場合には「眠れない」といった症状が出てくることがありますが、リフレックスはそういった不眠の症状にも効果がみられます。反面眠気を催すという面もありますので、運転や機械の操作が日常的に必要な方はあらかじめ相談しておきましょう。

 

また、SSRIに比べて効果が出てくるまでの時間が短いというメリットがあります。SSRIは2週間~3週間など効き始めるまでにかなりの時間がかかりました。しかし、リフレックスは1~3日程度で効き始める人が多いお薬です。

 

リフレックスの効き目ですが、調査や実際に飲んでいる方の感想から見てもとても強い効き目です。反面、眠気がひどく困っているという患者さんも少なくありません。お仕事や学校などをお休みして徹底的に治す、という状況の方がフィットするお薬ともいえるかもしれません。

 

ちなみに抗うつ薬が自分で「これは効いている!」と感じる場合には注意が必要です。抗うつ薬の場合には、自分で効果に気が付かないけれど少し気持ちが落ち着いている、といった感じがちょうどよいのです。

 

いきなり元気になったり、突然強いイライラを感じるようになったり、気持ちが大きくなったように感じたら注意が必要ですから、すぐに処方した医師に相談することをおすすめします。

 

まとめ

パニック障害では、抗不安薬と一緒にSSRIなどの抗うつ薬を使うことがよくあります。

 

抗うつ薬には、不安を抑えてくれる働きもあるからです。SSRIというお薬を使うことが一般的でしたが最近では新しいタイプのリフレックスなどのお薬を使うことも増えてきました。

 

SSRIの副作用が辛かったり、早く効果が出ることを求めてこの第4世代と呼ばれる新しい薬を使うことがあるのです。

 

眠気の副作用が多く報告されていますのでリフレックスはどんな状況でもおすすめできる薬という訳ではありませんが、即効性についてはとても素晴らしいお薬です。

 

医師と相談しながらメリットとデメリットについてよく理解してお薬を使っていきましょう。

 

スポンサーリンク