自律神経失調症の改善には生活習慣の改善が一番?運動を一定期間続けるのも効果的?

 

不快でつらい症状を少しでも楽にするために誰にでもすぐできる習慣をご紹介します。今日から始めて一歩前に踏み出しましょう!

 

 

スポンサーリンク

 

自律神経失調症の改善のポイントは?

自律神経失調症,改善,運動,期間自律神経失調症は、さまざまな症状が体の色々な部分に出てきてとても辛いですね。

 

しかも、周りの人があまり病気に対して知識がないと「気持ちの問題」くらいに思われてしまってますます悲しくなることも。

 

ぜひ、自分でできることをお家で行うことで改善していくスピードを上げていきませんか?病院でお薬をもらうこと以外にもできることがあるはずです。そんな自律神経失調症を改善する生活習慣についてまとめました。

 

  • バランスの摂れた食事(主食・肉・魚・野菜・果物・乳製品・豆製品など)
  • 日中起きて夜眠るという規則的な生活習慣
  • 適度な運動(朝または日中行うのが理想的)
  • 寝る前のテレビ・スマホ・パソコンなどの強い光に注意
  • 寝る前のお風呂・シャワーはぬるめで

 

「なんか当たり前のことばかり、もっと画期的なものはないの?」

 

そんな声が聞こえてきそうです。でも、この当たり前のことをもう一度意識して継続していくことが自律神経の乱れを整えることにつながります。これらの健康的な生習慣が乱れてしまった場合に自律神経の乱れが生じやすいからです。

 

参考:自律神経失調症に漢方や市販薬は効果があるの?

 

100%今日から改善するのは難しいことです。でも、ひとつでもできそうなものはありませんか?そこからトライしてみてくださいね。

 

運動は効果的なの?

自律神経失調症,改善,運動,期間答えはもちろんYesです。

スポンサーリンク

 

ストレスが引き金となって自律神経の調子が悪くなる人はとても多いのです。軽い運動は、ストレスの改善にとても効果的なのはご存知ですか?それもしっかりとした科学的根拠があるお話なのです。

 

人間はストレスを感じるとセロトニンという神経伝達物質を出します。

 

これが不足してしまったり、うまく働かないと自律神経の調子を乱してしまったり、心のバランスを崩してうつ病などの疾患になってしまうこともあります。

 

この物質をうまく出したり、しっかり働かせるためには「一定のリズムで続ける運動」が非常に効果的なのです。お外で運動することに抵抗がないなら、ウォーキング、できれば家の中で運動したいなら踏み台昇降や階段の上り下りなどがおすすめです。

 

外に出るのも辛いし、家に階段がないよ!という方もいるでしょう。わざわざ踏み台昇降用の道具買うのも嫌!という方もいますよね。

 

そんな方に一番おすすめしたい運動が「エア縄跳び」。

 

数年前にダイエット雑誌などで特集されて目にされた方もいるかもしれませんが、誰でも気軽にできる有酸素運動の決定版です。

 

縄跳びをするように膝をかるく曲げ伸ばししながら、手も縄跳びをするように回します。先を結んだフェイスタオルやスポーツタオルなどを両手に一つずつ持つと、さらに縄跳びのような感じになります。

 

参考:自律神経失調症の症状チェック!目にもトラブルが出てくるの?

 

運動が嫌いという方でも特別な道具もなく始められるので、好きな音楽でも聴きながら気楽にやってみましょう。

 

どのくらいの期間続けると効果が出る?

どのくらいの期間続ければ絶対に自律神経がよくなる!ということは断言できません。

 

数か月で調子を取り戻す人もいれば、何年も悩んでいるという人もいるのがこの病気だからです。

 

でも、運動に関していえばまずは2週間続けてみてください。1日3分でも5分からでもいいので2週間続けられれば、それは確実に習慣化されていきます。

 

2週間できれば1ヶ月、3ヶ月と続けてみようという気持ちが起きてくるはずです。劇的な改善方法でなくても、生活そのものを変えていくことが自律神経失調症とつきあい、改善していくコツなのです。

 

まとめ

具合が悪い期間が長引いてくると、諦めたくなったりもう嫌になってしまいますよね。

 

「頑張って!」とか「すぐに絶対良くなる!」といわれてもむなしく響くときもよくあるでしょう。

 

道のりが長いように感じるかもしれませんが、ひとつひとつ今までの生活習慣を見直して、自律神経を乱れさせてしまった要因を取り除くのが遠回りに見えて一番の近道です。

 

今日から運動を始めるという改善のための一歩を踏み出してみませんか?

 

スポンサーリンク